IBS Japan

プロジェクションアッセンブリーシステム™

プロジェクションアッセンブリーシステムとは

OKIが開発した『プロジェクションアッセンブリーシステム™』は、プロジェクターによる作業ナビゲーションと、高度なセンシングを活用した作業履歴のデジタル化を実現、作業結果のデジタルデータ化(可視化)により、生産現場での組立作業ミスのゼロ化を支援するシステムです。
IBS Japanは、このシステムの機器のお見積から導入までをサポートさせて頂きます。

システムの特長

作業ミス「ゼロ」化
プロジェクターによる明確な部品取り出し指示、作業指示書や作業動画の投影を行います。
作業結果のデジタルデータ化
作業実績として、部品取り出し結果や作業時の映像を保存します。
問題箇所の可視化
ネック作業・工程を明確化、作業時の映像からムダを抽出します。
作業ミス「ゼロ化」
作業実績データ化
問題箇所の可視化

利用シーン

利用シーン
取り出し間違いや組立作業のミス撲滅、作業効率の向上
組立工程の作業者教育
経験の浅い作業者でも熟練者と同等の品質での作業が可能に

従来方式との違い

従来のデジタル表示板方式(LED+光電センサー)の課題を解決します。

システム構成例

本システムは、作業棚(ミラーや照明を含む)、プロジェクター、PC、およびプロジェクションアッセンブリーシステムソフトウェアなどから構成されます。お客様環境の作業棚に応じたソフトウェアの設定・チューニングを行い、運用の開始となります。

実際の導入にあたって

プロジェクションアッセンブリーシステム™導入に際して必要となる機材・機器、導入までの流れの方をご案内致します。IT機器の選定・お見積などにつきましては、お客様のご要望に合わせて、IBS Japanにてご相談を承ります。

トップ