1. ホーム
  2. 製品情報
  3. MetaGeek
  4. USBスペクトラムアナライザ
  5. BUN-CHAN-DB

製品情報

弊社取扱い製品情報ページです。

BUN-CHAN-DB

Wi-Spy DBx

おなじみUSBスペアナの最高峰!Wi-Spy DBxがバージョンアップで再登場! 2.4GHz/5GHz 専用USBスペクトラムアナライザ

Wi-SpyシリーズはPCベースで利用可能なUSBスペクトラムアナライザです。数十万~数百万円もするスペアナとは違い、ワイヤレスLANで使用する帯域に限定したスペクトラムアナライザです。操作性は非常にシンプルですから初めて利用される方でも直感的に操作が可能です。ワイヤレスネットワークの敷設を行う際、事前に周囲の電波状況を把握することができます。また、既存のワイヤレスLAN環境で通信不調を感じている場合は、不調の原因を究明するツールとして活用頂けます。

Wi-Spyと付属ソフトウェアのChanalyzerを組み合わせることで、2.4GHzおよび5GHzの両帯域の電波状況を解析することが可能です。即ち、Wi-SpyをPCのUSBポートに接続して、リアルタイムの受信表示、長時間にわたるデータの収集* 、分析を行うことができます。

*注) データロギング : 測定したデータは、PC上にログとして保存することができるので、電波干渉やAPの不安定な動作などを解析できます。1時間に約5MB程のHDD容量を使用するので、搭載しているHDDによっては長時間にわたるデータ収集が可能。(環境によってログサイズは若干前後します)

Wi-Spyは、4種類のモデルがあります。

ワイヤレスLANは、ケーブルを使用しないので非常に便利な通信システムとしてあらゆる企業や家庭で使用されています。しかし、通信時に不要な電波やノイズの影響を受ける可能性があります。これらの影響を受けると通信が途切れる、折角の高速伝送を望んでいてもスピードの低下となる、極端の場合通信の停止にまで及ぶこともあります。ワイヤレスLANを使用する周波数帯は、Wi-Fiだけが使用している訳でなく、それ以外にZigbee、Bluetooth、電子レンジ、家庭内ワイヤレス電話、ワイヤレスカメラ、各種医療機、不法なAP、アマチュア無線なども併用して使っているため通信に影響を及ぼします。これらの妨害を避けるために一般的に専門家は、アクセスポイントを設置する前に現場の電波状況を把握するため、高価なスペクトラムアナライザを使用してサイトサーベイを行います。しかし、プロでなくてもこのサイトサーベイを手軽に行え、電波状況の把握および障害の発生の際の電波分析を可能とするのが、高機能かつ廉価版のスペクトラムアナライザWi-Spyなのです。

受信した電波の成分分析即ち、時間軸と周波数に対するスペクトラムの形、分布、密度、規則性のパターン、発生時間帯をカラー表示できるので分析が容易です。この結果、干渉が無いチャンネルの選択、ノイズからの回避を行うことにより安定した高速通信を実現できます。

ワイヤレスLANの干渉とは?

ワイヤレスLANは、益々高速化が進み様々なシーンで数多く使用されていますが普及に伴う弊害も出ています。例えば、思ったような通信スピードが出ない、場所によって、または時間帯によって通信状況が変化する等、安定した通信ができないケースが多く見かけられます。ワイヤレス電波は、目に見えないこともあり、これらの原因を追究・解決することは容易ではありません。この「原因追究」を担うツールとしてWi-Spyおよびソフトウェアを使用することにより2.4GHz/5GHz帯の電波をPC上で見ることができるツールがUSBスペクトラムアナライザです。

  • 本体デザインを刷新!
    新しいWi-Spy DBx(BUN-CHAN-DB)は、USBコネクタのストレスを低減するため、アンテナ部分をUSBスロットに直接取り付けるタイプではなく、ケーブルを介在させるタイプへと変わりました。
  • ノートブックに取り付けるためのクリップ付属
    PC本体とはケーブル接続のため、そのままではアンテナが不安定になってしまいますが、付属のクリップを使用することで安定した取り付け・運用が可能です。
  • PCベースで簡単・便利
    Windows PCのUSBポートに接続して専用ソフトウェアを起動するだけで簡単に測定が行えますので、専門知識がなくても扱うことができます。
  • 導入検討のしやすい安価なシステム構築が可能!
    既にお持ちのノートPCにソフトウェアをインストールするだけで利用できますので、非常に安価に『スペクトラムアナライザ』がご利用頂けます。
  • 高機能描画ソフトウェアが付属
    Wi-Spy DBxに付属するソフトウェア「Chanalyzer4」は、Wi-Fi環境の調査に特化した解析ツールです。より詳細な解析を行いたい場合は、有償ソフトウェアChanalyzer Proのご利用をお勧め致します。
型番 BUN-CHAN-DB
アンテナ 外付け、コネクタ形状 : RP-SMA
受信可能帯域 2.4GHz:2400 ~ 2495MHz
5GHz:5150 ~ 5850MHz
帯域分解能 2.4GHz:58.036 ~ 812.500KHz
5GHz:3.571 ~ 750.000KHz
強度 -105 ~ -6.5dBm
強度分解能 0.5dBm
Sweepタイム 2.4GHz 507ms
low 5GHz:1242ms
mid 5GHz:1587ms
high 5GHz:641ms
対応OS Windows 10、8、7、Vista(32/64bit) ※.NET Framework 4.5以降必須
必要解像度 1024 x 768以上
メモリ要求 2GB以上推奨
USB USB1.1および2.0
対応解析ソフト Chanalyzer 4/Lab/Pro

オーダー方法

お見積り依頼やご不明な点は、問い合わせフォームよりお問合せください。

USBスペクトラムアナライザ Wi-Spy

BUN-CHAN-DB Wi-Spy DBx
2.4/5GHz帯サポート
Amazonで買う

【パッケージ内容】
 ・Wi-Spy DBx本体 / USBケーブル(A-miniB) / PC取付用クリップ / Chanalyzer 5

USBスペクトラムアナライザ Wi-Spyシリーズ

0900x2v (販売終了) Wi-Spy 900x
920MHz帯サポート
Amazonで買う
0950x1v Wi-Spy 950x
950MHz帯サポート
Amazonで買う
BUN-CHAN-24 (販売終了) Wi-Spy 2.4x
2.4GHz帯サポート
Amazonで買う

Wi-Spyスペクトラム解析ソフトウェア

Chanalyzer Pro (販売終了) Wi-Fi解析プロ仕様ソフトウェア こちらよりお問い合わせください