1. ホーム
  2. 製品情報
  3. KVMスイッチ
  4. 延長器
  5. HDMI 延長
  6. KE8950R

製品情報

弊社取扱い製品情報ページです。

KE8950R

NEW

HDMIシングルディスプレイ IP-KVMレシーバ (4K対応)

HDMIシングルディスプレイ IP-KVMレシーバ (4K対応)

KE8950RはPCのコンソール(USBキーボード/マウス・HDMIモニタ)をイントラネット経由で延長できるHDMI対応IP-KVMレシーバです。本製品は4K解像度(※1)対応。さらに1Gpbs SFPファイバモジュールに対応しているため、光ファイバ回線を経由した延長接続も可能です。PCを接続するトランスミッタ(KE8950T等)とコンソールを接続するレシーバ(ユーザステーション)(KE8950R)から構成されます。各ユニットには固有のIPアドレスが割り当てられるので、1対1、1対多、多対1、多対多での通信ができます。トランスミッタとレシーバ(ユーザステーション)はカテゴリ5e/6ケーブルを使用して直接接続することも、ハイスピードネットワークや光ファイバ回線を使用したLANを経由して接続することもできます。

さらに、本製品で使用するKEマトリックスマネジャーソフトウェア(CCKM)は、ユーザ名/パスワード認証機能を搭載し、同一サブネット上にあるKEシリーズ製品(※2)全てを自動検知して切替・共有ができます。他にネットワーク越しに本製品を簡単に設定したり、マルチディスプレイの環境設定や映像のグループ化、プロファイルスケジューリング機能等も利用したりできます。本製品はデータ通信のセキュリティをより強化するため、AES暗号化やRADUIS、LDAP、AD等のリモートユーザ認証機能を搭載。ケーブルの種類(ストレート/クロス)を自動判別するAuto-MDIX機能やOSD、RS-232Cにも対応しています。

KE8950とKEシリーズ製品およびKEマトリックスマネジャーソフトウェア(CCKM)を組み合わせたATENのIP-KVMマトリックスシステムは、データセンターに限らず、テレビ局やポスプロ等の放送業界、コントロールルーム、工場等の幅広い分野において、PCとコンソールを任意の場所に距離を気にすることなく設置したい場合に、ご活用いただけます。

※1) 対応4K解像度は、最大3,840×2,160@30Hz(4:4:4)、24ビット色深度です。
※2) 対応するKEシリーズのトランスミッタの型番は、KE6900T、KE6900ST、KE6940T、KE8950T、KE8952Tです。

ハードウェア

  • UHD解像度対応 - 最大3,840×2,160@30Hz(4:4:4)、24ビット色深度。
  • Deep Color(36ビット)対応
  • インターレース対応(1080i)
  • 標準HDMI解像度(640×480~3,840×2,160@30Hz)対応
  • ステレオオーディオ(スピーカー・マイクロフォン)対応
  • USBバーチャルメディア対応
  • HDMI 1.4a、HDCP 1.4対応
  • Auto-MDIX対応 - ケーブルの種類(ストレート/クロス)を自動判別
  • 8KV/15KV ESD保護および1KVサージ保護
  • ファンレスデザインにより、エネルギー効率に優れ、動作音も静かな操作環境を実現
  • ホットプラグ対応
  • ファームウェアアップグレード対応
  • ラックマウント対応 - ラックマウントキット型番2X-021G(デュアルラックマウントキット)、2X-031G(シングルラックマウントキット)を使用してラックマウントが可能
  • 高画質ビデオストリーミング対応 - ATENの高度なグラフィックプロセッサー搭載で、延長距離に関わらずクリアでシャープな画像を出力可能
  • ギガビットイーサネットポート接続対応
  • SFTモジュール対応 (※1)

管理

  • イントラネットを経由してリモートからコンピュータにアクセス可能
  • デュアルコンソール操作 - トランスミッタ/レシーバ(ユーザステーション)に接続されたUSBキーボード・USBマウス・モニタから同一PCの操作が可能
  • レシーバ(ユーザステーション)に搭載のOSDからトランスミッタとレシーバの両方の設定が可能
  • GUI操作対応
  • EDIDエキスパート機能搭載 - 自動/手動で適切なEDIDモードを選択可能
  • オンスクリーンプレビュー(アレイモード) - 1画面に最大36台分の映像を6×6画面で表示可能
  • コマンドライン対応 - アドミニストレータはCLIまたはサードパーティのアプリケーションを使用し、RS-232Cまたはネットワーク経由でKEデバイス全ての制御が可能
  • RS-232C対応 - シリアルターミナル、タッチスクリーン、バーコードリーダ等のシリアルデバイスが接続可能
  • LEDの点滅やビープ音で、デバイスの位置や識別が容易

セキュリティ

  • KEを直接接続するための専用LANポート搭載 - 社内ネットワークからの分離が可能
  • データは全てネットワークを介して送信する前にAES暗号化を行い、レシーバ側で解読するため、セキュアなデータ送信が可能
  • リモートログインセキュリティ

バーチャルメディア

  • USBバーチャルメディアモードで、ファイル転送やOSパッチの適用、ソフトウェアのインストールや診断試験がリモートから可能
  • USB 2.0 DVD/CDドライバやUSBマスストレージ、PCハードドライブおよびISOイメージ対応
  • スマートカード/CACリーダ対応

追加機能

(KEマトリックスマネジャーソフトウェアCCKMと併用した場合)

  • 速い切替速度 - ローカル側のディスプレイに表示するリモート側の解像度が異なる場合でも、0.3秒以内に切替表示可能 (※2)
  • ビデオウォール表示対応 - 最大8×8(モニタ64台)ビデオウォール表示により、リモートでの中央監視が容易に実現
  • 詳細なスケジューリング機能 - メディアの再生日時を設定することで、作業効率やコストの改善が可能
  • チャネルコネクション - レシーバを複数のトランスミッタに接続して、画像や音声、USB、シリアルソースを個別にストリーミング可能
  • 内部認証、外部認証の両方で高度なセキュリティ機能を提供 - 対応外部認証はLDAP、Active Directory、RADIUSおよびTACACS+対応
  • 詳細なユーザ権限設定 - アドミニストレータはトランスミッタへのアクセス権限を4つのモードから設定することで、ユーザ間で共同作業を行ったり、干渉を防止したりすることが可能
  • KEシリーズ製品へのアクセスや操作権限をユーザまたはグループで設定可能
  • 業界標準TLSプロトコル準拠
  • 最大4台のKEシリーズ製品の映像をグループ化することで、マルチディスプレイ環境の構築が可能

* 1対多、多対1、多対多で使用する際には、データスループットの低下を防ぐためにIGMP対応のハブをご利用ください。

※1) SFPモジュールは別売品です。対応SFPモジュール型番 - SM(10km):2A-136G、MM(550m):2A-137G
※2) 対応する最大解像度は1,920×1,200です。また、レシーバ側の解像度を揃える必要があります。

コンピュータ接続数
ダイレクト
コンソール接続数
ローカル
リモート1
コンピュータ側対応インターフェース
コンソール側対応インターフェースキーボード/マウス:USB
コネクタ
KVMポート
コンソールポート キーボード:USBタイプA メス×1
マウス:USBタイプA メス×1
モニタ:HDMI メス×1
スピーカー:ステレオミニジャック×1
マイク:ステレオミニジャック×1
RS-232C:DB9ピン オス×1
バーチャルメディアUSBタイプA メス×2
電源DC電源ジャック×1
LANポートRJ-45×1
SFPスロット×1
スイッチ
OSDプッシュボタン×1
ビデオ(動画)プッシュボタン×1
グラフィック(静止画像)プッシュボタン×1
リセットピンホール型スイッチ×1
LED
10/100/1000 Mbps1 (10 Mbps: オレンジ / 100 Mbps: オレンジ&グリーン / 1000 Mbps: グリーン)
電源ブルー×1
ローカルグリーン×1
リモートグリーン×1
エミュレーション
キーボード/マウスUSB
電源入力
電源アダプタ 型番:0AD8-8005-40MG
入力:AC100V~240V 50/60Hz
出力:DC5V 4A
消費電力5.65W
解像度最大3,840×2,160@30Hz
動作環境
動作温度0~50℃
保管温度-20~60℃
湿度0~95% RH、結露なきこと
ケース
ケース材料メタル
重量1.23 kg ( 2.71 lb )
サイズ(W×D×H)228×172×55 mm
同梱品 KVM(HDMI、USB、オーディオ)ケーブル×1 (1.8m)
電源アダプタ×1
HDMIケーブル抜け防止ホルダ (型番:2X-EA12)×1
クイックスタートガイド×1

構成図

詳細 詳細

オーダー方法

お見積り依頼やご不明な点は、問い合わせフォームよりお問合せください。

KE8950R HDMIシングルディスプレイ IP-KVMレシーバ (4K対応) こちらよりお問い合わせください