1. ホーム
  2. 製品情報
  3. Moxa
  4. IP監視
  5. IP監視ソフトウェア
  6. SoftNVR-IA

製品情報

弊社取扱い製品情報ページです。

SoftNVR-IA

32チャンネルIP ビデオ監視ソフトウェア

産業オートメーションのために設計した32チャンネルIP ビデオ監視ソフトウェア

SoftNVR-IAが産業オートメーションのために設計された32チャンネルIPビデオ監視ソフトウェアを提供します

SoftNVR-IA 32チャンネルIP監視ソフトウェアは、産業アプリケーションで使用する目的で設計されています。SoftNVR-IAのキーとなる1つ特長は、産業オートメーションシステム(SCADA、HMIその他)と直接通信することができるOPCサーバがビルトインされていることです。また、システムインテリジェンスを強化するためにビデオ録画および警報は、オートメーションシステムのイベントと同様にSoftNVR-IAによりサポートされたデジタル入力およびビデオ損出といったイベントによりトリガーされます。最も重要なことは、SoftNVR-IAがIP監視システムとオートメーションシステムを統合するための無制限の能力を産業システムインテグレータに提供できることです。

SoftNVR_IA ダウンロード

*本製品は生産終了品につき、2018年11月30日を以って販売終了予定となっております。

OPC通信

  • ビデオ録画および他のアクションをトリガーするためにオートメーションシステムから送信されるイベントタグの受信
  • オートメーションシステムに詳細なシステム情報および各チャンネルのステータスイベントタグの送信

ライブビュー

  • 1、4、6、9、10、13、16、25、32ライブディスプレイのサポート
  • MJPEG、MPEG4およびH.264ビデオストリームのサポート(VPortモデルただしVPort 2000シリーズ/VPort 3310を除く)
  • カメラリストの最高32チャンネルサポート
  • 使いやすいドラッグ&ドロップビデオ表示選択
  • JPEGフォーマットでスナップショットイメージを提供
  • 明るさ、彩度、コントラスト、色を含む画像イメージの調整をサポート
  • フィールドサイトとコントロールセンタ間の2ウェイオーディオ通信サポート
  • デュアルモニタおよびフルスクリーン表示サポート
  • 表示スクリーンのローテーションサポート
  • PTZ制御パネルをサポート
  • i-frame(キーフレーム)デコードだけをサポートすることにより他のより高い優先順位のタスクのためにシステム資源をセーブして低いフレームレートを表示

ビデオ録画

  • 手動またはイベントによりトリガーによるビデオ録画
  • AVIフォーマット(Audio Video Interleave)のビデオファイルは、すべての一般的なメディアプレーヤで再生可能(SoftNVR-IAコーデックが必要)
  • ストレージハードディスクは、ネットワークハードディスクから選択可能
  • 長時間ビデオ録画を行うためのFIFOリサイクル機能サポート
  • 録画するビデオファイルの日数をユーザが定義可能
  • プレイベントビデオ録画サポート(最大30秒)

プレイバック&検索

  • 同時に最大4つの録画ビデオの再生可能
  • ビデオ再生モードのときタイムライン選択サポート
  • 停止、早送り、スローダウン、frame-by-frameコマ戻し、frame-by-frameコマ送りをサポート
  • カメラ、時間またはイベントによるビデオ録画の検索
  • スナップショットイメージ(ビデオ再生モードのとき)サポート

スケジュール

  • 週単位のスケジュール設定
  • カメラまたはイベントに基づきスケジュール設定
  • デジタル入力およびビデオ損失を含む警報イベント
  • OPC通信を通してオートメーションシステムからのイベント受信
  • ポップアップ表示、プリセットポイントに移動、サウンド再生、DOのトリガー(リレー)を含むトリガーされた警報に対する反応

Emap

  • 簡単にカメラ位置を識別するためのBMP emap(ビットマップ)をロード可能
  • リストに最大32emapをビルトイン可能
  • カメラのアイコンを目標にカーソルするとビデオ画像イメージがポップアップできます
  • 3種類のカメラアイコンと最大8レンズ方向を選択可能
  • カメラをダブルクリックすることによりカメラのライブディスプレイビデオをオープン可能
  • カメラアイコンは、警報が起きた際フラッシュのコンフィギュレーション可能

リモートアクセス

  • Webアクセス経由でリモートライブビュー
  • Webアクセス経由で録画されたビデオのリモート再生
  • イベント、時間、カメラによる特定の録画されたビデオの検索能力
  • PTZのリモートコントロール

警報イベント

  • 警報イベント:デジタル入力とビデオ損失
  • OPC通信経由のオートメーションシステムからのイベントを受け入れることが可能
  • トリガーされた警報のアクション:ポップアップディスプレイ、プリセットに移動、サウンドの再生、DO(リレー)をトリガー

システム

  • LANビデオデバイスのIPアドレスの自動検索または手動検出
  • サーバ名のユーザ定義可能
  • 警告メッセージを受信のための複数のemailアドレスのコンフィギュレーション
  • スナップショットイメージのフォルダおよびファイル名のカスタマイズ可能
  • 特別な特権のある最大4グループおよび32ユーザは、異なるオペレーション目的のためのセットアップが可能
  • 1システム最大32チャンネル
  • オートメーションシステムと容易に通信が行なえるためのOPC serverをビルトイン
  • VPort製品からH.264、MPEG4およびMJPEGによるライブビュー
  • デュアルモニタデスプレイ能力
  • 優先度の高いタスクのためにシステムリソースをセーブするi-frame (キーフレーム) デコードオンリーモードをサポート
  • マニュアル、イベントトリガーおよびスケジュールセッティングによるビデオ録画
  • イベントおよび時間に基づくサーチによるシステムの再生
  • webアクセス経由のリモートライブビューおよびリモート再生サポート
  • 英語、繁体中国語、簡体中国語のサポート
  • インテルCore 2 Duo QX6700以上
  • 2GB RAM以上
  • Windows XPサービスパック3(SP3)
  • マザーボード : インテルチップセット推奨
  • ディスプレイカード : ATI Radeon 9200、nVIDIA GeForce GT220以上
    (デュアルモニタは、2出力を必要とします) : 1GB DDR3推奨

オーダー方法

お見積り依頼やご不明な点は、問い合わせフォームよりお問合せください。


SoftNVR-IA V2.0 産業用オートメーションシステム用
32チャンネルIPビデオ監視ソフトウェア
こちらよりお問い合わせください

*本製品は生産終了品につき、2018年11月30日を以って販売終了予定となっております。