1. ホーム
  2. 製品情報
  3. Moxa
  4. RTU&リモートI/O
  5. リモートイーサネットI/O
  6. デジタルI/O
  7. ioLogik 2512

製品情報

弊社取扱い製品情報ページです。

ioLogik 2512

イーサネットリモートI/O、Click&Go Plus™サポート、8 DI、8 DI/O

イーサネットリモートI/O、Click&Go Plus™サポート、8 DI、8 DI/O

ioLogik 2500は、様々な産業データ収集アプリケーションに最適なソリューションを実現する独自のハードウェアおよびソフトウェア設計がされたスマートリモートI/O製品です。ioLogik 2500のハードウェア設計は、ioLogik 2500が様々なフィールドデバイスとシームレスな接続を可能にする4ポートアンマネージドイーサネットスイッチと2 シリアルポートを備えています。1つのイーサネットポートは、100チャネル以上を提供する8デイジーチェーン接続がされたioLogik E1200拡張モジュールとリンクするために使用することができます。ioLogik 2500は、Click&Go Plusロジックを使いすべてのI/Oアレイをコントロールするために“ヘッド”ユニットとして動作します。最も重要なことは、ioLogik 2500がすべてのI/Oアレイをネットワークに接続するために必要なのはシングルIP(1つのIP)だけです。そのため産業用フィールドサイトの不足しているIPアドレスの完全なソリューションを提供します。

新しいClick&Go Plus™によるパワフルなコントロールロジック

新しい Click&Go Plus™コントロールロジックは、8 Condition/Actionへの更なるアップグレードにより現在、最大48のルールをサポートします。また、そのグラフィカルユーザインターフェースは、より強力かつ効率的なIOのソリューションを確立するために3ロジックゲートと3マルチレイヤを提供します。Click&Go Plus™ロジックルールの設定が終了したら、オンラインのデバイスにアップロードする前にIOxpressの使いやすいシミュレーション機能がClick&Go Plus™ルールで潜在するエラーを発見するために使用できます。ピア・ツー・ピア(P2P)モードは、産業アプリケーションで幅広く使用されている伝統的なP2Pデバイスを使用する際、両端に接続する必要があります。しかしながら、P2Pのデバイス間で設定のミスマッチが発生した場合、P2P接続は、失敗します。そのため大幅な時間と作業を費やしてP2Pのセッティングを再チェックする必要が生じます。IOxpressを使えば出力デバイスをセットアップする必要がある場合、自動的にP2P接続を確立することができます。

複数の拡張I/Oのために1つのIPがよりスマートなデータ収集ソリューションを提供します

ioLogik2500のユニークなIO拡張ハードウェアは、100 +の異なるI/Oチャネルを使い汎用性の高いI/Oアレイに最大8 ioLogik E1200モジュールをリンクアップできる設計がされています。Click&Go Plusロジックは、Click&Go Plusロジックを使用してすべてのI/OアレイのコントロールおよびすべてのI/Oアレイをネットワークに接続する際にシングルIPだけを提供する完璧な”ヘッド”ユニットとして機能します。

ユーザフレンドリなIOxpressのOffline/Online設定を使いデバイスマネージメントが容易

IOxpressは、Offline/Online設定を備えたユーザフレンドリなインターフェースをインテグレートしています。このため、すべてのI/Oパラメータを先ずOfflineで設定した後、Onlineデバイスにセッティングをアップロードできます。これによりIOソリューションの管理および設定に要する時間とコストを大幅に低減することが可能になりました。

パワフルなデータロガーおよび付加価値の高いModbusゲートウェイ

ioLogik 2500は、最大32 GBのメモリー容量Micro SDカードをサポートしているためioLogikを貴重なデータを保存することができる強力なデータロガーとなります。また、ビルトインFTPサーバによってフィールドサイトからの重要なデータは、異なるシステムによりリモートからアクセスすることができます。さらに、2つのシリアル通信ポートは、Modbus RTUプロトコルを使ってデバイスからのデータ入力するために使用することができます。それから、イーサネットネットワークを介して送る前にデータをModbus TCPまたはAOPCタグフォーマットに変換します。

新しいMX-AOPC UA Serverが効率的にシステムレスポンスタイムを低減

新しいMX-AOPC UAは、UA serverおよびDA serverの両方をサポートしています。MX-AOPC UAサーバは、多くの機能を備えています。UAサーバは、標準の最先端のセキュリティモデルを提供することでシステムのセキュリティの保証および標準のUA TCPポート介して通信チャネルをサポートします。これは、メッセージがサードパーティーのプロキシを通して中継できることを意味します。さらに、DCOMセッティングについて悩む必要はないのでファイアウォールを設定することがより容易となります。その上の、MX-AOPCは、伝統的なModbusプロトコルおよびMoxa特許の“プッシュ”タイプ通信の両方をサポートします。伝統的なパッシブ“プル“方式と異なり、”アクティブ“メッセージは、I/Oステータスの変化または予め設定したイベントが発生した時にioLogik 2500からSCADAシステムに自動的に"プッシュ”します。このように情報は、SCADAシステムに正確かつ効率的にプッシュされます。

  • 最大48ルールのClick&Go Plus™制御ロジックによるフロントエンドインテリジェンス
  • Moxa特許のMX-AOPC UA Serverによるアクティブ通信
  • MX-AOPC UA Loggerソフトウェアによる接続不能期間データの自動補完
  • イーサネットデバイスにリンクできる4ポートアンマネージドスイッチ内蔵
  • 最大8つの ioLogik E1200ユニットをデイジーチェーン接続できるI/O拡張ポート
  • フィールドでシリアルデバイスを接続するための3-in-1 RS-232C/422/4852 シリアルポート
  • SNMPv1/v2c/v3サポート
  • WindowsまたはLinuxプラットフォームのためのMXIO libraryによるシンプルなI/Oマネージメント
  • ワイド動作温度範囲:-40~75℃
入力および出力
アナログ入力 8チャネル
コンフィギュラブルDI/O 8チャネル
アイソレーション 3k VDCまたは2k Vrms
デジタル入力
センサタイプ ウェットコンタクト(NPNまたはPNP) およびドライコンタクト
入力リーケージ電流 < 1 mA (@ 30 VDC)
I/Oモード DIまたはイベントカウンタ
ドライコンタクト
  • On:GNDにショート
  • Off:オープン
ウェットコンタクト (DI to COM)
  • On:10~30 VDC
  • Off: 0~3 VDC
コモンタイプ 8ポイント/COM
カウンタ周波数 2.5 kHz
デジタルフィルタリングタイム間隔 設定可能なソフトウェア
デジタル出力
Typeタイプ Sink
I/Oモード DOまたはパルス出力
パルス出力周波数 5kHz
過電圧保護 45 VDC
過電流保護 1.5A / チャネル @ 25℃
過温度シャットダウン 175℃ (min.)
電流規格 500mA /チャネル @ 25℃
LAN
イーサネット
  • 4スイッチ 10/100 Mbps RJ45ポート
  • デイジーチェーン接続されたioLogik E1200ユニットを使いダウントリーム通信に必要な1つの最適化ポート
Note 最適化されたデイジーチェーンは、風力産業デバイスをサポートしていません (ioLogik E1261W-T、E1261H-TまたはE1263H-T).
保護 1.5 kV 電磁アイソレーション
プロトコル Modbus/TCP、TCP/IP、UDP、DHCP、BOOTP、SNMP、HTTP、CGI、SNTP、SMTP
シリアル通信
シリアルポート 2、RJ45、3-in-1インターフェース
プロトコル Modbus/RTU (マスタ)、シリアルトンネルモード(クライアント/サーバ)
シリアルライン保護 ≥8 kV ESD(すべての信号)
シリアル通信パラメータ
パリティ None、奇数、偶数
データビット 5、6、7、8
ストップビット 1、1.5、2
フロー制御 None、RTS/CTS
ボーレート 1200~115200 bps
プロトコル Modbus/RTU
電源
電源入力 24 VDCノーマル、9~48 VDC
メカニカル
配線ケーブル I/Oケーブル max. 14 AWG
マウンティング DINレール、ウォール
ストレージ
拡張スロット 最大32 GB MicroSD™ メモリカード(SDHCコンバーチブル)
Note ユニットが極端な温度環境、産業用グレードで動作する場合、ワイド温度SDカードが必要です
環境
動作温度 標準モデル: -10~60℃
ワイド温度モデル: -40~75℃
保管温度 -40~85℃
相対湿度 5~95% (結露なきこと)
高度 最大2000m
規格および認証
安全 UL 508、EN 60950-1、NCC
EMI EN 55022; EN 61000-3-2; EN 61000-3-3;
FCC Part 15、Subpart B、Class A
EMS EN 55024、EN 61000-4-2、EN 61000-4-3、EN 61000-4-4、EN 61000-4-5、EN 61000-4-6、EN 61000-4-8、EN 61000-4-11、EN 61000-6-2
Radio FCC Part 22H、FCC Part 24E、EN 301 489-1、EN 301 489-7、EN 301 511
衝撃 IEC 60068-2-27
落下 IEC 60068-2-32
振動 IEC 60068-2-6
グリーン製品 RoHS、CRoHS、WEEE
Note 最新の認証状況については、Moxaのwebサイトをご覧ください
保証
保証期間 5年
詳細 MOXA社 製品保証方針

サイズ (単位=mm(inch))

オーダー方法

お見積り依頼やご不明な点は、問い合わせフォームよりお問合せください。


ioLogik 2512 イーサネットリモートI/O、Click&Go Plus、8 DI、8 DI/O、-10~60℃動作温度 こちらよりお問い合わせください
ioLogik 2512-T イーサネットリモートI/O、Click&Go Plus、8 DI、8 DI/O、-40~75℃動作温度