1. ホーム
  2. 製品情報
  3. 産業用ネットワーク
  4. I/O制御
  5. リモートイーサネットI/O
  6. ioLogik E1200シリーズ

製品情報

弊社取扱い製品情報ページです。

ioLogik E1200シリーズ

リモートI/O、2ポートイーサネットスイッチサポート

リモートI/O、2ポートイーサネットスイッチサポート

ioLogik E1200シリーズは、I/Oデータを収集するために最もよく使用されるプロトコルをサポートしているためさまざまなアプリケーションを処理を実行できます。多くのITエンジニアは、SNMPまたはRESTful APIプロトコルを使用します。一方、OTエンジニアはModbusやEtherNet/IPといったOTベースのプロトコルに精通しています。MoxaのスマートI/Oは、ITエンジニアとOTエンジニアの両方が同じI/Oデバイスからデータを容易に収集できます。ioLogik E1200シリーズは、OTエンジニアに対してはModbus TCP、EtherNet/IP、Moxa AOPC、ITエンジニアに対してはSNMP、RESTful API、Moxa MXIO library を含む6つの異なるプロトコルをサポートしています。ioLogik E1200は、I/Oデータを収集し、同時にこれらのプロトコルのいずれかにデータを変換することによりアプリケーションを容易かつ楽に接続できようにします。

デイジーチェーンによるイーサネットI/Oコネクション

この産業用イーサネットリモートI/Oには、2つのスイッチドイーサネットポートをサポートしているため別のローカルイーサネットデバイスへ情報のダウンストリームまたは拡張可能なデイジーチェーンイーサネットI/Oアレイを介してコントロールサーバへのアップストリームの自由なフローを可能にします。ファクトリオートメーション、セキュリティおよび監視システム、トンネルコネクションなどのアプリケーションは、デイジーチェーンイーサネットを利用して標準のイーサネットケーブルを介してマルチドロップI/Oネットワークを構築できます。多くの産業オートメーションユーザは、fieldbusソリューションで最も一般的に使用されるコンフィギュレーションとしてマルチドロップに精通しています。ioLogikイーサネットリモートI/Oユニットによりサポートされたデイジーチェーン機能は、リモートI/Oアプリケーションの拡張性と設置の可能性を高めるだけでなく、個別のイーサネットスイッチの必要性を減らすことで全体的なコストを削減することができます。この方法によるデバイスをデイジーチェーンコネクションは、全体的な作業とケーブル配線の費用を削減します。

ピア・ツー・ピア通信で配線時間とコストを削減

リモートオートメーションアプリケーション環境においては、コントロールルームとセンサが遠く離れていることが多く、長距離の配線が常に課題となっています。ピア・ツー・ピアネットワーキングでは、ユーザがioLogikシリーズモジュールのペアをマッピングできるため、入力値が出力チャネルに直接転送され、配線プロセスが簡略化され配線コストが大幅に削減されます。

既存システムを面倒を掛けずにアップグレードのためのユーザ定義可能なModbus TCPアドレッシング

固定アドレスによってコントロールおよび検出されるModbusデバイスの場合、ユーザは、初期コンフィギュレーションの調査と検証に膨大な時間を費やす必要があります。ユーザは、SCADAシステムまたはPLCの初期アドレスまたはスタートアドレスを有効にするためにI/Oチャネルまたはベンダ定義のアドレスといった各デバイスのネットワークの詳細を見つける必要があります。ユーザ定義可能な Modbus TCP アドレス指定をサポートするデバイスは、柔軟性が高く、セットアップが容易になります。個々のデバイスを心配する代わりにユーザは、ニーズに合わせて機能とアドレスマップを設定します。

イベントのためのプッシュテクノロジー

MX-AOPC UA Serverを使用する場合、デバイスは、ステートおよび/またはイベントの変化を SCADA システムに伝えるときにアクティブなプッシュ通信を使用できます。ポーリングシステムとは異なり、SCADAシステムとの通信にプッシュアーキテクチャを使用するとメッセージは、ステートまたは設定されたイベントの変化が発生した場合にのみ配信されるため、より高い精度と転送が必要なデータ量が少なくて済みます。

  • ユーザ定義可能なModbus TCPスレーブアドレス指定
  • EtherNet/IPアダプタモードをサポート
  • IIoTアプリケーションのためのRESTful APIサポート
  • デイジーチェーントポロジのための2ポートイーサネットスイッチ
  • ピア・ツー・ピア通信によりワイヤリング作業とコスト削減
  • MX MX-AOPC UAサーバとのアクティブな通信
  • SNMP SNMP v1/v2cサポート
  • ioSearchユーティリティを使用してマス導入とコンフィギュレーションが容易
  • webブブラウザを介したフレンドリーなコンフィギュレーション
  • MX WindowsまたはLinuxのためのMXIO libraryでI/Oマネージメントの簡素化
  • Class I Division 2, ATEX Zone 2認定※※
  • -40〜75℃の環境で使用できる幅広い動作温度モデル
  • オンライン登録が必要(無料で利用可能)
  • ※※ Class I Division 2およびATEXは、現在E1213/E1213-Tモデルには適用されません。
入力/出力インターフェース
アナログ入力チャネルioLogik E1240 モデル:8
ioLogik E1242 モデル:4
アナログ出力チャネルioLogik E1241モデル:4
構成可能DIOチャネル (ジャンパーによる)ioLogik E1212 モデル:8
ioLogik E1213/E1242モデル:4
デジタル入力チャネルioLogik E1210 モデル:16
ioLogik E1212/E1213 モデル:8
ioLogik E1214 モデル:6
ioLogik E1242 モデル:4
デジタル出力チャネルioLogik E1211モデル:16
ioLogik E1213 モデル:4
アイソレーション3k VDCまたは2k Vrms
リレーチャネルioLogik E1214モデル:6
RTDチャネルioLogik E1260 モデル:6
サーモカップルチャネルioLogik E1262 モデル:8
ボタンリセットボタン
デジタル入力
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
カウンター周波数250 Hz
デジタルフィルタリングタイム間隔ソフトウェア設定可能
ドライコンタクトOn:short to GND
Off:open
I/OモードDIまたは イベントカウンタ
COMあたりのポイントioLogik E1210/E1212 モデル:8 チャネル
ioLogik E1213 モデル:12チャネル
ioLogik E1214 モデル:6チャネル
ioLogik E1242 モデル:4チャネル
センサータイプドライ接点
ウェット接点(NPNまたはPNP)
ウェット接点(DI to COM):10~30 VDC
Off:0~3 VDC
デジタル出力
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
電流定格ioLogik E1211/E1212/E1242モデル:チャネル当たり200 mA
ioLogik E1213モデル:チャネル当たり500 mA
I/OモードDOまたはパルス出力
I/OタイプioLogik E1211/E1212/E1242モデル:Sink
ioLogik E1213モデル: Source
過電流保護ioLogik E1211/E1212/E1242モデル:チャネル当たり2.6 A @ 25℃
ioLogik E1213モデル:チャネル当たり1.5 A @ 25℃
過温度シャットダウン175℃ (typical), 150℃(min.)
過電圧保護35 VDC
パルス出力周波数500 Hz (max.)
リレイ
ブレークダウン電圧500 VAC
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
接点電流定格抵抗負荷:5 A @ 30 VDC, 250 VAC, 110 VAC
接点抵抗100 milli-ohms (max.)
電気的耐久性100,000運用 @ 5 A抵抗負荷
初期絶縁抵抗1,000 mega-ohms (min.) @ 500 VDC
機械的耐久性5,000,000運用
パルス出力周波数0.3 Hz @ 定格負荷(max.)
タイプForm A (N.O.) 電源リレイ
Note周囲湿度は、5~95%(結露がないこと)。リレイは、0℃以下の高結露環境で 動作させると誤動作する可能性があります。
アナログ入力
精度ioLogik E1240/E1242:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -10~60℃

ioLogik E1240-T/E1242-T:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -10~60℃
±0.5% FSR @ -40~75℃
電流入力用の内蔵抵抗120 ohms
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
I/O モード電圧/電流
I/Oタイプディファレンシャル
入力インピーダンス10 mega-ohms (min.)
入力範囲0~10 VDC
0~20 mA
4~20 mA
4~20 mA (バーンアウト検出あり)
分解能16 bits
サンプリングレートioLogik E1240:モジュールあたり12サンプル/秒(最大8チャネルで共有)
※ Nチャネルが有効な場合、有効な各チャネルのサンプリングレート= 12/Nサンプル/秒。

ioLogik E1242:モジュールあたり12サンプル/秒(最大4チャネルで共有)
※ Nチャネルが有効な場合、有効な各チャネルのサンプリングレート= 12/Nサンプル/秒。
アナログ出力
精度ioLogik E1241:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -10~60℃

ioLogik E1241-T:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -40~75℃
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
電圧出力短絡保護10 mA
内部抵抗400 ohms
Note:負荷が1000Ωを超える場合、24 Vの外部電源が必要
出力範囲0~10 VDC
4~20 mA
分解能12-bit
RTD
精度ioLogik E1260:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -10~60℃

ioLogik E1260-T:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -40~75℃
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
入力コネクション2線または3線
入力インピーダンス625 kilo-ohms (min.)
センサータイプPT1000 (-200~350℃)
PT50, PT100, PT200, PT500 (-200~850℃)
抵抗タイプ310, 620, 1250, 2200 ohms
分解能0.1℃または0.1 ohms
サンプリングレートioLogik E1260:モジュールあたり12サンプル/秒(最大6チャネルで共有)
※ Nチャネルが有効な場合、有効な各チャネルのサンプリングレート= 12/Nサンプル/秒。
サーモカップル
ミリボルト精度ioLogik E1262:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -10~60℃

ioLogik E1262-T:
±0.1% FSR @ 25℃
±0.3% FSR @ -40~75℃
コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
TC精度Types J, T, E, S, B:±5℃
Types K, R, N:±8℃
CJC精度±0.5℃ @ 25℃
±1.5℃ @ -40~75℃
入力インピーダンス10 mega-ohms (min.)
ミリボルトタイプ±19.532 mV
±39.062 mV
±78.126 mV
障害および過電圧保護:-35〜+35 VDC(電源 Off)
-25〜+30 VDC(電源 On)
分解能16 bits
サンプリングレートioLogik E1262:モジュールあたり12サンプル/秒(最大8チャネルで共有)
※ Nチャネルが有効な場合、有効な各チャネルのサンプリングレート= 12/Nサンプル/秒。
センサータイプJ, K, T, E, R, S, B, N
イーサネットインターフェース
10/100BaseT(X)ポート(RJ45コネクタ)2, 1 MACアドレス(イーサネットバイパス)
磁気絶縁保護1.5 kV (内蔵)
イーサネットソフトウェア機能
コンフィギュレーションオプションWeb Console (HTTP), Windows Utility (ioSearch)
産業用プロトコルEtherNet/IP Adapter, Modbus TCP Server (Slave), Moxa AOPC (Active Tag), MXIO Library
マネージメントBOOTP, RESTful API, DHCP Client, HTTP, IPv4, TCP/IP, UDP, SNMPv1 Trap, SNMPv1/v2c
MIBデバイスセッティングMIB
セキュリティアクセルコントロールリスト
LEDインターフェース
LED表示Power, Ready, Port 1, Port 2
Modbus TCP
ファンクションサポート1, 2, 3, 4, 5, 6, 15, 16, 23
モードServer (Slave)
最大クライアントコネクション数10
EtherNet/IP
モードアダプタ
最大スキャナーコネクション数9 (読込のみ), 1 (読込/書込み)
電源パラメータ
電源コネクタスクリュータイプEuroblockターミナル
電源入力数1
入力電圧12~36 VDC
電力消費量ioLogik E1210モデル:110 mA @ 24 VDC
ioLogik E1211モデル:200 mA @ 24 VDC
ioLogik E1212 モデル:155 mA @ 24 VDC
ioLogik E1213 モデル:130 mA @ 24 VDC
ioLogik E1214 モデル:188 mA @ 24 VDC
ioLogik E1240 モデル:121 mA @ 24 VDC
ioLogik E1241モデル:194 mA @ 24 VDC
ioLogik E1242 モデル:139 mA @ 24 VDC
ioLogik E1260 モデル:110 mA @ 24 VDC
ioLogik E1262 モデル:118 mA @ 24 VDC
メカニカル
筐体プラスチック
サイズ27.8 x 124 x 84 mm
重量200 g
設置DINレール取り付け, ウオール取り付け
ワイヤリングI/O ケーブル, 16~26 AWG
電源ケーブル, 12~24 AWG
環境
動作温度標準モデル:-10~60℃
ワイド温度モデル:-40~75℃
保管温度(パッケージ含む)-40~85℃
相対湿度5~95% (結露なきこと)
高度4000 m
規格および認証
EMCEN 55032/24, EN 61000-6-2/-6-4
EMICISPR 32, FCC Part 15B Class A
EMSIEC 61000-4-2 ESD:Contact:4 kV; Air:8 kV
IEC 61000-4-3 RS:80 MHz to 1 GHz:10 V/m
IEC 61000-4-4 EFT:Power:2 kV; Signal:1 kV
IEC 61000-4-5 Surge:Power:2 kV; Signal:1 kV
IEC 61000-4-6 CS:10 V
IEC 61000-4-8 PFMF
危険な場所ATEX, Class I Division 2
※ ATEXおよびClass I Division 2は現在、E1213/E1213-Tモデルには適用されません。
安全UL 508
衝撃IEC 60068-2-27
落下IEC 60068-2-32
振動IEC 60068-2-6
宣言
グリーンプロダクトRoHS, CRoHS, WEEE
MTBF
時間ioLogik E1210 Series:671,345時間
ioLogik E1211シリーズ:923,027時間
ioLogik E1212シリーズ:561,930時間
ioLogik E1213シリーズ:715,256時間
ioLogik E1214シリーズ:808,744時間
ioLogik E1240シリーズ:474,053時間
ioLogik E1241シリーズ:888,656時間
ioLogik E1242シリーズ:502,210時間
ioLogik E1260シリーズ:660,260時間
ioLogik E1262シリーズ:631,418時間
規格Telcordia SR332
保証
保証期間 ioLogik E1214:2年
※ 電源リレーの寿命は限られているため、このコンポーネントを使用する製品は、2年間の保証の対象となります。

ioLogik E1210/E1211/E1212/E1213/E1240/E1241/E1242/E1260/E1262:5 年間
詳細 Moxa社 製品保証方針

サイズ (単位=mm(inch))

オーダー方法

お見積り依頼やご不明な点は、問い合わせフォームよりお問合せください。


ioLogik E1210 入出力インターフェース:16 x DI
動作温度:-10 ~ 60℃
こちらよりお問い合わせください
ioLogik E1210-T入出力インターフェース:16 x DI
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1211入出力インターフェース:16 x DO
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1211-T入出力インターフェース:16 x DO
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1212入出力インターフェース:8 x DI, 8 x DIO
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1212-T入出力インターフェース:8 x DI, 8 x DIO
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1213入出力インターフェース:8 x DI, 4 x DO, 4 x DIO
デジタル出力タイプ:Source
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1213-T入出力インターフェース:8 x DI, 4 x DO, 4 x DIO
デジタル出力タイプ:Source
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1214入出力インターフェース:6 x DI, 6 x Relay
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1214-T入出力インターフェース:6 x DI, 6 x Relay
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1240入出力インターフェース:8 x AI
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1240-T入出力インターフェース:8 x AI
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1241入出力インターフェース:4 x AO
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1241-T入出力インターフェース:4 x AO

動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1242入出力インターフェース:4 DI, 4 x DIO, 4 x AI
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1242-T入出力インターフェース:4 DI, 4 x DIO, 4 x AI
デジタル出力タイプ:Sink
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1260入出力インターフェース:6 x RTD
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1260-T入出力インターフェース:6 x RTD
動作温度:-40 ~ 75℃
ioLogik E1262入出力インターフェース:8 x TC
動作温度:-10 ~ 60℃
ioLogik E1262-T入出力インターフェース:8 x TC
動作温度:-40 ~ 75℃

アクセス(別売り)

■ ソフトウェア

MX-AOPC UA Server OPC UA serverソフトウェア(fieldbusをOPC UA規格に変換) こちらよりお問い合わせください