1. ホーム
  2. 製品・技術情報
  3. ケーススタディ
  4. 石油&ガス

製品・技術情報

TCOを低減するための近代的なドリリングチェアの構築

アプリケーション掘削監視
カテゴリ石油&ガス
ロケーション中国
使用製品
プロジェクトの紹介

会社のこれまでの解決策は、ドリルチェアの4つのディスプレイにドリルパラメータを表示することでした。 しかしながら、PCは、約100m離れたシステムコントロールルームにありました。コントロールルームのPCは、VGAケーブルを介してドリルチェアのディスプレイと接続されていましたが信号伝送がしばしば干渉を受けることがありました。データの信頼性とセキュリティは、会社が要求する規格を満たしていませんでした。更に、PCのパフォーマンスと以前のソリューションのパネルは、ディジタル油田のニーズを満たす設計がされていませんでしたがこれは、会社が積極的に受け入れようとしているものです。

デジタル油田を容易にする次世代のデバイスのための掘削システムを構築するために会社は、統合を合理化し、システムパフォーマンスを向上させるコンパクトで費用対効果に優れたソリューションを実装したいと考えています。d

システムの要件
  • 既存のPCおよびディスプレイに代わるパネルコンピュータの導入
  • 高いプロセッサパフォーマンスとよりタッチレスポンスの高いパネルコンピュータ
  • シームレスなデータ伝送と容易な統合のためにPLCとコンピュータを接続するためのPROFINET-to-Ethernetゲートウェイ
  • Class 1 Division 2 ATEXおよびIECEx 認証およびワイド動作温度範囲
Moxaのソリューション

長年にわたり、Moxaは革新的なソリューションを提供するために世界中の石油/天然ガスサービス会社と協力してきました。Moxaの完全な製品ポートフォリオは、石油ガス環境の過酷さに関係なく、Moxaがこれらの条件下で確実に機能することができる製品を提供します。現在のソリューションの効率を高め、総所有コストを削減するためにカストマは、2つの既存のPCと2つのディスプレイを2つのMoxaのMPC-2197Zタッチパネルコンピュータと交換し、残りのディスプレイをMoxaのMD-219Zディスプレイと交換しました。 PCとディスプレイをVGAケーブルで接続する代わりにパネルコンピュータをドリルチェアにインストールし、オペレータがドリリングを容易に実行できるようにしました。以前のシステムを使用する際のオペレータにとっての問題点の1つは、既存のディスプレイの金属フレームの周りに"close"ボタンが配置されているのでスクリーンをタッチすることを非常に難しくしました。MoxaのMPC-2197Zフラットパネルコンピュータは、Intelの第3世代プロセッサ、および相互運用性の問題の回避および運用効率を向上させるファーストで高感度のマルチタッチ機能を備えています。カストマが新しいドリルチェアにシームレスに移行するために対処する必要がある2番目の課題は、プロトコル変換です。油田およびガス田のフィールドで最も広く使用されているPLCプロトコルは、PROFIBUSです。これはパネルコンピュータに直接接続することはできません。

そのためMoxaのMGate 5101イーサネットゲートウェイは、この移行を簡素化するための重要な役割を果たします。可視性を高めるためにMoxaのEDS-508Aイーサネットスイッチが採用され、データがリグコントロールシステムにスムーズに転送されるようにしました。

統合されネットワークシステムがインプリメントされた後、このソリューションは、費用対効果に優れた方法でモダンなドリリングチェアの運用効率が正常に向上しました。

何故Moxaが必要?
  • 石油/天然ガスアプリケーションの専用化されたソリューション
  • 総所有コストの削減
  • C1D2/ATEX Zone 2認証を取得の製品を含む完全なプロダクトポートフォリオ