1. ホーム
  2. 製品・技術情報
  3. ケーススタディ
  4. 製造業

製品・技術情報

改善されたマシナリサービスのための容易でセキュアなリモートアクセス

アプリケーションリモートマシンメンテナンスのためのリアルタイムサポート
カテゴリ製造業
ロケーション台湾
使用製品
プロジェクトの紹介

マシンの生産性にとって最大稼働時間を維持することは、重要です。そのため顧客は、マシンのパフォーマンス向上と効果的なトラブルシューティングを確実に行うためにメカニカルパワープレスの大手製造会社からの、よりタイムリーで効率的なアフターサービスを求めました。パワーパワープレスマシンは、非常に複雑です。インストレーションと試運転に1ヶ月かかるのでセットアップも同じくらい複雑です。海外のカストの要求に応じて、製造会社は、タイムリーなリモートアフターサービスを可能にするためにMoxa Remote Connect(MRC)ゲートウェイをマシンにインストールしました。

当初、マシンビルダは、WindowsベースのRemote Desktop Control(RDC)テクノロジを採用していましたが、セキュリティ上のリスクと追加コストが高額になりました。WindowsベースのRDCは、マシンにリモートコネクション機能を持たせるためにWindowsで動作するコンピュータファクトリにインストールする必要があります。しかしながら、Windowsベースのコンピュータ自体は、セキュリティリスクの影響を受けやすく、またコンピュータがインターネットに接続すると攻撃の可能性がさらに高まります。 言うまでもなく、サイバー攻撃は、ファクトリオペレーションを停止させます。 セキュリティリスクを回避するために、マシンビルダは、複雑なIT関連のファイアウォール機器を採用する必要がありますが、これは時間がかかり管理が困難です。また、マシン側でRDCを実行する各コンピュータには高価なコントローラソフトウェアライセンスが必要であり、マシンのメンテナンスやトラブルシューティングを行うためにリモートコネクションを非常に高価なものにします。

RDCの代わりにマシンビルダは、簡単でセキュアなリモート診断、メンテナンス、トラブルシューティングのためにエンジニアリングチーム(MRCクライアントとして)とプレスマシン((MRCゲートウェイの背後に接続されている)間のエンド・ツー・エンドのセキュアトンネルを管理するためにAmazonのAWSクラウドプラットフォーム上でMRCサーバーをホストする新しいクラウドベースのMRCリモートアクセステクノロジを採用しました。MRC サーバは、コンピュータ (MRC クライアント経由) とマシン (MRC ゲートウェイ経由) を接続するためにスケーラブルなメッシュタイプのトンネルインフラストラクチャをサポートし、最大5000デバイスで多対多のエンド・ツー・エンド接続を作成できます。

MRCコネクションによりMRC クライアントを実行しているコンピュータのみがリモートアクセスのためにコントローラソフトウェアライセンスをインストールする必要があります。RDCと比較してMRC は、コンピュータと各リモートマシンに関連するライセンスコストを削減します。更に、重要なことは、エンジニアは顧客の問題をオフィスから直接解決することにより、派遣に関わる時間と費用をセーブできます。実際に、MRC ゲートウェイを装備したマシンが増えるとエンジニアリングチームは、世界中のどこからでも効率的に顧客にサービスを提供できるようになります。

システムの要件
  • コンピュータのアドオンなしにエンジニアとマシン間のセキュアなコネクション
  • フィールドでのマシンオペレータによりコントロールされるリモートアクセス
  • エンジニアとマシンオペレータの両方に幅広い IT 専門知識を必要としない簡単なネットワークコネクション
Moxaのソリューション

リモートコネクションソリューションの中でMoxaのMRC ソリューションは、エンド・ツー・エンドおよび完全に統合されたセキュリティ、使いやすさ、クラウドベースの柔軟性、過酷なファクトリ環境での実績のある信頼性などのいくつかの理由から際立っています。クラウドベースのリモートアクセスコネクションを構築するには、MRC ゲートウェイ、クラウドサーバ、およびクライアントソフトウェアの3つのコンポーネントが必要です。

  • マシンプロバイダは、MRCゲートウェイの LTE バージョンをメカニカル機器に統合して4G セルラーコネクティビティを可能にすることで、ローカルマシンネットワークからこのコネクションを分離するためにアウトオブバンドのリモートアクセスを可能にします。
  • 2番目の投資は、エンド・ツー・エンドの相互接続とマネージメントのための異なるユーザロールと特権を管理するMRC サーバーをホストするためにAWSにサインアップしていました。
  • MRC クライアントソフトウェアは、エンジニアリングチーム側のコンピュータに無料でインストールされるためエンジニアは、ボタンを押すだけで特定されたマシンへのリモートコネクションを要求できます。
  • リモートコネクションは、シンプルでセキュアです。これは、フィールド内の MRC ゲートウェイのローカルon/offコントロールを介してマシンオペレータによりコントロールされます。オペレータは、MRC ゲートウェイに接続された特定のデバイスおよびサービスへのリモートアクセスをコントロールおよび制限できるためホワイトリストコントロールの下で埋め込まれたファイアウォールによるロールベースのアクセスコントロールが可能になります。

シンプルでセキュアなMRCコネクションを介してマシンエンジニアがタイムリーにリモートサービスを提供することは、顧客の要件を満たします。同時に、マシン製造会社は、マシンのステータスやオペレーション状態について収集したデータを最大限に活用し、より少ない損傷と最適なパフォーマンスを確保するためにマシンオペレーションのための貴重な勧告を実行します。ビジネスモデルにおけるアフターセールスメンテナンスを改善するために、マシン製造会社の考えられる戦略は、MRC ゲートウェイを世界中に出荷するマシンにインストールすることです。

何故Moxaが必要?
  • エンド・ツー・エンドのデータ暗号化による完全に統合されたセキュアコネクション
  • サービスの拡張性に関するクラウドベースの相互コネクションとセキュリティマネージメント
  • シングルクリックするだけでIT のバックグラウンドを持たないエンジニアは、複雑なファイアウォール設定や IPマネージメントなしでリモートマシンにアクセスできます
  • IT以外のバックグラウンドオペレータがアクセスセキュリティのコントロールを簡単に設定できます
  • 既存のソフトウェアツールに適したトランスペアレントトンネル
  • ローカルネットワークから隔離された保護のためのアウトバウンド LTE セルラーコネクション