1. ホーム
  2. 技術情報
  3. Moxa
  4. 従来デバイスを装備した多くの変電所を最新の高可用性シームレスシームレス冗長ネットワークに移行

技術情報

Moxa

従来デバイスを装備した多くの変電所を最新の高可用性シームレスシームレス冗長ネットワークに移行

  • 2020.08.18
従来デバイスを装備した多くの変電所を最新の高可用性シームレスシームレス冗長ネットワークに移行

新しいソリューションは、現在の電力業界が苦労する相互運用性の問題なしにParallel Redundancy Protocol(PRP)およびHigh-availability Seamless Redundancy(HSR)ネットワークに移行するために従来デバイスを装備した多くの変電所を支援することを目的に設定がされています。変電所の場合、この費用対効果に優れたソリューションは、多くのSAN(single attached nodes)および DANs (dual attached nodes)の実行を維持するだけでなく、最新の自動化されたスマートグリッド変電所のベネフィットを享受することもできます。簡単に言うと、この新しいソリューションは、これまでの従来デバイスの寿命を延長し、リプレース費用コストを軽減することができます。

実行可能なソリューションの検索

信頼性の高い産業通信の必要性に対応するための基準としてPRP/HSRベースのネットワークを導入して以来、多くの変電所は窮地に陥るかのように感じてきました。一般的に変電所は、ネットワークにゼロの復旧時間と多彩なトポロジ機能をもたらすPRP/HSRソリューションを歓迎します。しかしながら、変電所は、多額の投資を必要とする従来デバイスをリプレースすることなく前進したいと考えています。これまでのところ、従来デバイスをPRP/HSRベースのネットワークに移行するソリューションの大半は、PRP/HSRベースのネットワークで読み取れないRapid Spanning Tree Protocol(RSTP)をサポートしているため当初期待されていたほど実行可能かつ費用対効果が得られません。

IEC 61850変電所の自動化では、ゼロパケット損失を主な目的とする"bumpless"復旧とも呼ばれる"ゼロタイム"リカバリを実現する冗長ソリューションに大きな重点が置かれています。

PRP/HSRネットワークへの移行

高可用性と非常に短いスイッチオーバータイムの要求によりRSTPなどの一般的に使用されるプロトコルの復旧時間は明らかに許容できません。RSTPプロトコルとPRP/HSRプロトコルを統合するリングカップリング方式は、しばらく前から利用可能でしたが、多くのプロトコルの相互運用性の問題により、ほとんどの変電所は、PRP/HSRベースのネットワークを受け入れることをためらっています。

すべてに適合するソリューション

MoxaのPT-7728-PTP PRP/HSRスイッチは、IEC 62439-3 edition 3規格をサポートするため、相互運用性の問題は過去のものとなりました。IEC 62439-3 edition 3規格をサポートする製品は、RSTPがサポートするIEDがプロトコルの相互運用性の問題なしにPRP/HSRネットワークにシームレスに移行できることを保証する必要があります。さらにPT-7728-PTPは、世界初のラックマウントモジュラPRP/HSRスイッチとしてセットアップの柔軟性をユーザに提供します。

MoxaのPRP/HSRソリューションにより最新の変電所への移行

MoxaのPRP/HSRスイッチの詳細については、こちらをご覧ください。