1. ホーム
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 【Moxa】 Moxaが第4回 鉄道技術展に出展

ニュース

プレスリリース

【Moxa】 Moxaが第4回 鉄道技術展に出展

  • 2015.11.06

Moxa 2015年鉄道技術展

Moxa、2015年鉄道技術展に 市場認定済み次世代鉄道向けイノベーションを出展

現地版プレスリリース:Moxaが第4回 鉄道技術展に出展(PDF)

2015年11月4日、台湾台北 . IRIS認証を取得しているソリューション・プロバイダのMoxaは、老朽管理、信頼性や業務の向上、保守間隔の長期化、全体コストの削減といった鉄道運行者が日常直面する問題に精通しています。Moxaの鉄道用統合ソリューションには、業界のこうした鉄道産業の問題を解決するために、多数の革新的技術が採用されており、同ソリューションは千葉の幕張メッセで開催される『2015年鉄道技術展(MTIJ)』に出展されます。

※ 第4回 鉄道技術展は終了いたしました。

Moxaの鉄道用ソリューションについて

Moxaは広範囲なIPベース通信ソリューションのIRIS認証取得済みのグローバル・リーダーです。Moxaは現在、最新のマーケット指向のソリューションとIEC鉄道委員会への加入により、鉄道産業にネットワークの専門的な知識と革新的な技術を提供しています。世界の鉄道業者は、インテリジェントな車両間無線接続、ロケーション・ベースの柔軟な自動デバイス設定、千分の1秒単位のイーサネット高速冗長化、千分の1秒単位の高速WLANローミング・ソリューションといった、Moxaのユニークで時間と費用を削減する鉄道テクノロジーを展開することで、新しい運行効率を見出してきました。産業用ネットワークの分野で25年以上の経験を備えたMoxaは、長寿命製品の開発で実証済みの記録を有しています。Moxaは長期MTBFに対応した設計、コア・コンポーネントのIPをすべて備えていること、長期のパートナーシップの締結により、鉄道インテグレータが低ライフサイクル・コストで信頼性の高いソリューションを構築するのを支援しています。Moxaの広範なソリューションは、世界中の主要なPOS(Passenger Oriented Service、旅客指向サービス)、旅客用Wi-Fi、CCTV、CBTC(Communication-based Train Control、コミュニケーション・ベースの列車管理)、 ATO(Automatic Train Operation、自動列車運行)、沿線DCSといった鉄道システムに採用されてきた実績があります。

■ 本ニュースリリースに関するお問い合わせ

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
広報担当 : 佐藤
〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー12F
TEL 046-234-9200
Email info@ibsjapan.co.jp