1. ホーム
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 【IBSJapan】 次世代送電網(スマートグリッド)で使用するスマートメーター対応 900MHz帯USBスペクトラムアナライザを発売開始

ニュース

プレスリリース

【IBSJapan】 次世代送電網(スマートグリッド)で使用するスマートメーター対応 900MHz帯USBスペクトラムアナライザを発売開始

  • 2011.02.10
次世代送電網(スマートグリッド)で使用するスマートメーター対応 900MHz帯USBスペクトラムアナライザ

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長 : 望月 成浩)は、新しくスマートメーター用として割り当てられる915~928MHz帯のUSBスペクトラムアナライザ『SM-950x』の販売を開始します。
2011年2月中旬の販売開始を予定しており、予定価格は、税込31,395円*(本体価格 : 29,900円)です。

*価格はリリース当時のものです。

概要

2011年2月3日の日経朝刊のトップに「次世代電力計100万世帯に - 12年度中専用周波数を設定」、情報通信審議会(総務相の諮問機関)は、2月からスマートメーターに利用する専用周波数帯の割り当ての議論を始め6月にも結論を出すとの記事が紹介されました。スマートメーター用として欧米と同じ915~928MHz帯を新たに割り当てる方針で、2012年夏から利用できる見通しという内容です。日本でも遅ればせながらスマートメーターの導入が開始される見通しにより電力会社は、各家庭の電力使用状況を自動的に検針できるようになるため、検針員の人件費を削減できると共に、欧米と同じ周波数帯や通信規格を合わせことで海外展開も可能になるとされています。

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社の900MHz帯対応の新しいスペクトラムアナライザSM-900xは、スマートメーターの開発段階、実験、家庭への設置に際して電波強度、カバー範囲、電波干渉の確認をする際に、従来のような高額なスペクトラムアナライザを使用することなく、ノートPCと組み合わせることで、どなたでも手軽に開発、調査や報告が行える低価格な915~928MHz帯専用のUSBスペクトラムアナライザです。

製品の特長
・PCベースで簡単・便利
SM-900xは、Windows PCのUSBポートに接続して専用ソフトウェアを起動するだけで簡単に 測定が行えますので、専門知識がなくても扱うことができます。
・高機能描画ソフトウェアが付属
SM-900xに付属するソフトウェアは、リアルタイムにスキャンすることは勿論のこと、スキャンしたデータをログとして保存することができるので収集データの解析・調査に利用することができます。

【接続イメージ】

【測定画面イメージ】

製品仕様
  構成
型番 0900x1V (SM-900x)
アンテナ 外付け/コネクタ形状 : RP-SMA
受信可能帯域 862 ~ 928MHz
周波数分解能 24 ~ 375KHz
強度 -105 ~ -6.5dBm
強度分解能 0.5dBm
対応OS Windows XP/Vista/7 ※.NET Framework 3.5以降必須
USB USB1.1および2.0

※上記仕様は予告なく変更されることがあります。

スマートメーターに900MHz帯を使用する主な利点

【信頼性】
無線LAN、ZigBee、Bluetooth、電子レンジ等で使用されている2.4GHz帯と比較しますと、ほぼ専用で使用される帯域になりますので電波干渉が少なく信頼性の高いシステム構築が可能です。

【到達性】
2.4GHz帯等の高い周波数と比較しますと、同じ送信電力でも通信距離が2倍以上長く、電波の回り込みが多くなりますので障害物の多い場所でも安定な通信が可能になります。

■ 製品に関するお問い合わせ

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
厚木センター:
〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー12F
TEL 046-234-9200
FAX 046-234-7861
Email info@ibsjapan.co.jp
東京システムセンター:
〒153-0051 東京都目黒区東山1-2-7 第44興和ビル9F
TEL 03-3713-8944
FAX 03-3713-8931

■ 本ニュースリリースに関するお問い合わせ

アイ・ビー・エス・ジャパン株式会社
「ご購入前のお問い合わせ」フォームよりお気軽にお問合せください。
広報担当 : 宗島
〒243-0432 神奈川県海老名市中央2-9-50 海老名プライムタワー12F
TEL 046-234-9200
Email info@ibsjapan.co.jp